2020年4月1日 更新

1年目は覚えることに集中、2年目は教えて深めたい

河田さん 2019年4月入社

164 view お気に入り 0
-日本海工に入社されたきっかけを教えてください

(河田)大学は建築学部建築学科を専攻しており、CAD、手書き設計図など設計については一通り学び、専門で住宅建築、ゼミで西洋建築史を学びました。
ただ、就活の際、私自身そこまで住宅や設計に興味があったわけではなかったので、ハウスメーカーにこだわらず、私が興味を惹かれる業界で、他の会社と比べて特徴のある会社を選んで履歴書を送りました。
その一つが、海の地盤改良をしている日本海工でした。
個人説明会で、「家、近いね」から始まって、仕事の話だけではなく、船の上のエピソードを含めたくさんのお話しを伺い、私自身のこともたくさんお話ししました。
お話を伺っていくうちに、自分がどういう働き方をしたいかという具体的なイメージや、日本海工で働いている自分のイメージが沸いてきました。
例えば、デスクワークは嫌いではないですが...ジッとしているより体を動かしていたいと思っていたこと。
旅行好きというのもあり、全国いろんなところに行けることに魅力を感じたことなど。
実際働き始めてわかったのですが、現場は転勤などと違い引っ越しを伴うわけではないので、移動がとても楽なんですよ。

また、会社にいる大学のOBと食事に行ったのですが、私の思っていることや将来の話をしっかり聞いてくれて、「こういう人と一緒に仕事がしたいな」と思ったことも決めての一つです。

それで、日本海工に入社し、今に至ります。


-実際に働いてみてどうですか?

(河田)大学で学んだCADも仕事で使ってはいますが、とにかく覚えることだらけです。
私が人に恵まれているのか、みんな教えるのがうまい人ばかりです。
現場で出来るだけ多くのことを学びたいという私の希望どおり、しっかり教えてもらえます。

面接で聞いていた通り、実際若い世代の人は少ないですし、現場によってはいなかったりしますが、私にとってそれがしんどいということにはなっていません。
むしろ、今東京での仕事ですので、標準語の会話の方がしんどいです。


-確かにこの船の皆さんは関西弁ではありませんね。
 標準語に少し疲れている河田さんのストレス発散法を教えてください。


(河田)車とかバイクとか、乗り物が好きなので、実家のある神戸に帰ったら自分でメンテナンスをして、それに乗って好きな場所に行ったりします。
大学生の頃からの趣味です。
後は、飲みに行くのも好きですので、皆さんともよく飲みます。


-本社で「よく飲む若い子がいて嬉しい」という話を伺ったことがあるのですが、河田さんでしたか!
 最後に、2年目の目標などがあれば教えてください。

(河田)
工事に関する知識をもっと増やしたいです。
新入社員が入るのであれば教えることもしたいです、この1年で学んだことの復習にもなりますし、教えることで、より身に着くと思いますので。
それと、今年は2級土木施工管理技士の勉強もしていきたいと思います。


-2年目の学ぶことに貪欲ですね。頑張ってください。
 インタビューさせていただきありがとうございました。
 (84)

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知識と経験をフル活用する「人の手」による仕事

知識と経験をフル活用する「人の手」による仕事

嶋本さん(機関長) 2014年4月入社
管理者 | 29 view
人と船を守る船長としての役割

人と船を守る船長としての役割

高木さん(船長) 1987年1月入
管理者 | 59 view
安心して暮らせる陸地を作る、それが自分たちの仕事

安心して暮らせる陸地を作る、それが自分たちの仕事

宇田さん(工事課長) 1984年4月入社
管理者 | 88 view
海賊対策!?それも大事なお仕事です。

海賊対策!?それも大事なお仕事です。

林さん(土木部機材グループ) 1997年4月入社
管理者 | 15 view
新規事業『ロボセン』誕生秘話!

新規事業『ロボセン』誕生秘話!

日本海工が大阪府立大学と共同開発しているアクアドローン『ロボセン』。 2015年9月から始まったこのプロジェクトは、現在、実海域での水質調査実験で実用化に向けての確かな手ごたえを感じる成果を出すところまで進みました。 その『ロボセン』の開発に携わっている増田さんに、開発についての熱いお話を聞いてまいりました。
管理者 | 213 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者 管理者